信販系カードローンを利用した体験談

3年ほど前に、セゾングループの信販系カードローンの詳細な説明が記載された案内書が郵送されて来ました。あまり借り入れには興味がなく、手持ちのクレジットカードのセゾンカードにもキャッシングの機能を付けていませんでした。
しかし、事業者用のカードローンの説明書が同封されていて、起業して1年以上経つ個人事業主なら申し込み資格があるとのことでした。独立してから3年を迎えようとしているところでしたので、設備を整える際の資金や、資金繰りが悪化した場合の備えとして持っておきたいと考えました。信販系カードローンと言っても、事業用なので、総量規制の対象外と言うことで、年収の3分の1を超える金額でも場合によっては借り入れができるかもしれないことと、確定申告書や、青色決算書、課税証明などの書類があれば申し込みができるというのはかなり魅力的でした。不動産の担保も必要ないということで、安心して手続きを進めました。
希望の借入額を50万円でお願いし、審査に通ることができました。審査終了まで2日くらいで済み、1週間くらいでローンカードが郵送されてきました。私の場合は、セゾンカードを20年以上愛用し、返済に遅れたことがないということも考慮していただけたのではないかと思っています。
借り入れは、最寄りのセゾン直営のATMからできるため、手数料がかからずに済みました。利率は17%くらいですので、あまりクレジットカードのキャッシングと変わりありません。パソコンや周辺機器を購入する際に、10万円ほど利用しました。クレジットカードと同様に、毎月4日に自動引き落としで返済できますが、ATMから事前に入金できます。また、早く返済すれば利息が抑えられるので、ATMから無料で随時返済ができるのはとても便利だと感じています。事業資金に使えるので、申し込んで良かったです。
詳細は→今すぐにカードローン審査ガイド|今日中にお金が必要なあなた!

消費者金融の督促を無視したらこうなった。

昔の話ですが、知人が消費者金融でお金を借りて、最初のうちは、返済も期日通りに行なっていたのですが、他の消費者金融も手を出してしまいそれが積り重なって支払いが困難な状態になりました。お金が間に合わなくなってしまい期日通りの返済も出来なくなってしまい給与全額以上の返済の支払いが毎月やって来てたそうです。
もちろんの事返済は出来ません。その為逃れようと言うことで、他から借りては、返済の繰り返しです。これでは、金利だけが貯まってどんどん貯まっていく一方になってしまいます。そんな彼に最終的な事が起こってしまいました。会社を退職してしまったのです。もちろんの事収入はありません。そして返済も出来ない状態になってしまいました。
当たり前ですが、督促状や請求書は毎回のように届くのですが、彼は完全無視状態になってしまいどこかへ逃げてしまいました。それでも自宅には、郵便物が届くし、金融屋が訪問もしてきますが居留守状態。完全に追い詰められました。その時に私からもお金を貸して欲しいの連絡もありましたが、私も余裕が無くお断りしました。その事で私と話をしました。
私は、自己破産を進めました。これ以上無視しているとヤバイ状態になるので、破産した方が良いと話をしました。誰でも破産なんてしたくありません。何とかなるのなら何とかしたわけですが、手が無いのなら破産しかないわけです。彼は決意を決めて破産宣告したのです。自己破産をしたものやはり今でも何か引っかかる部分があるような気がすると言っておりました。